杉舞台の家

model sketch back


2009 神奈川県茅ケ崎市
夫婦+子供1人
木造2階建
延床 71.71㎡
施工 成幸建設
住宅建築 2009.11月号掲載 CONFORT 2010.4月号掲載

この家は四角い空間の4隅に箱を4つ伏せて置いた構成をとる。箱と箱の間には十文字形の吹抜けができ、その部分が1階と2階の視線や気配を繋ぐ。
1階の箱には寝室や洗面室などの小さな部屋が置かれる。箱は床から少し浮かせているため足元が繋がり、更に箱同士の入口が向かい合っているため部屋どうしが繋がっている。個室でありながら連続した空間。床は温水パイプが埋め込まれた墨入りモルタルにウレタン塗装がかけられた土間。
2階は箱の上に当たる。4つの箱は高さや大きさが同じでないため、2階は一室空間でありながら4つの居場所が出来ている。箱と箱との間には上下階を繋ぐ階段と、箱同士を繋ぐ最小限の簀の子が架かる。