東大宮の家


2012 埼玉県さいたま市
夫婦+子供2人
木造2階建
延床 86.85㎡
施工 渡辺富工務店
住む 2013年春号 掲載

外壁全面に杉板を張った1.5階分の高さの切り妻屋根の家。 1階ダイニング・キッチンは、墨を入れて黒く仕上げたコンクリートの土間仕上げ。この土間には温水管が埋設され、深夜電力利用の温水により温かな冬の朝を迎えることができる。南面には木製の大きな引戸が取り付き、玄関も兼ねる。 近所の小さな子供をたちに絵を教えたいとう御希望があり、土間の横に板の間が用意されている。1階奥の天井の低い所には琉球畳の敷かれた和室が納まる。 2階は建築の輪郭の半分まで杉の厚板が張られ、自由に使える屋根裏部屋的な空間となっている。