本の家


2009 東京都世田谷区
夫婦+子供1人
木造2階建
延床 93.36㎡
施工 キュ-ブワン・ハウジング

膨大な本を収納出来るように計画した中東研究者の家。この家は外周部の四角の内側にもう一つ四角が入ったBox in Boxの構成をとる。内側のBoxは天井の高い真っ白い空間で、リビングダイニングとして使われている。 一方Boxと Boxの間の空間にはコンパクトなサイズの個室、高さ1.4m以下の書庫や納戸、更に廊下や階段がスキップしながら立体的に連続していく。廊下や階段には壁の厚みを利用した書棚が一面に設けられ、ここは本に囲まれた立体迷路となる。
内側の白い大空間はアラブの光庭、それを取り囲むダークな色調の連続空間はアラブの迷路だ。