美しが丘の家



2002 神奈川県横浜市
夫婦+子供3人+犬3匹
+猫1匹
木造2階建
延床 156.50㎡
施工 横溝工務店
置家具、布 森豪男

建築の内外を隔てる4つの面に開けられた 開口部、そして、そこから顔を出す1階デッキ、2階テラスがこの家の表情や光や風の道をつくり出している。また、2階天井のデザインも、この家の特色となった。屋根の形そのままに中央の高い天井が部屋をすっぽりと包み込む。各部屋の間仕切壁の高さを2.1mとし、天井面との間はスペースを確保した。細かく分節された各部屋の上部は天空からの光でエッジを際立たせた白いひとつながりの面が連続する。外周部の壁には土が塗られ、ワラや砂の混じった複雑な表情と深い色が光の微妙な変化を繊細に表現している。